東京指月会ブログ
山口県立萩高等学校の同窓会『東京指月会』のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国高校柔道大会 観戦レポート
先日開催された全国高校柔道の応援に参加した、高校59期で柔道部OBの貞光君より、観戦レポートが届きました。



3月19日に開催されました、第34回全国高校柔道選手権大会個人戦の部に、母校から2名、山本晃己君(60kg級)、奥村圭祐君(73kg級)が出場しました。


萩高柔道部は、卒業生も毎回帰省の度に柔道部に訪れ、稽古を通じて年の離れた在校生と繋がりができる文化があります。
その為、5年も前に柔道部を卒業した私も、2人のことはよく知っていました。


試合を観戦している中、自分が立つことのできなかった全国という夢の舞台で、母校の後輩が奮闘している姿に、胸熱く込み上げてくる想いがありました。


今回の大会は、惜しくも両選手とも初戦敗退と悔しい結果となりました。
けれど、顧問の田中先生も大会終了後に「勝てる試合であった」と話しておられたように、両選手とも非常に僅差の惜しい試合をしていました。


2人とも前半中盤は互角以上の戦いをしていたのですが、終盤になり試合の流れが相手側にいってしまうという展開でした。
改めて一瞬で勝敗が変わってしまう勝負の世界の難しさを知りました。


しかし、両選手ともに、対戦相手は超強豪地区の柔道名門校の選手であるにも関わらず、全く臆することなく、正々堂々と戦う萩高柔道を、全国大会という舞台で存分に披露してくれました。


進学校の公立高校でありながら、県内5名中2名が母校から全国大会に出場する指導を日々されている、田中先生、伏谷先生に敬意を表したいと思います。


これからも東京という離れた地からではありますが、萩高柔道部を応援していきます!




部活の後輩の活躍は、来月から社会人になる貞光君にとってもよい刺激になったことでしょう。
柔道部の選手ともども、頑張ってほしいですね。




進学や就職、転勤等で首都圏にいらっしゃった、萩高校の卒業生または在籍経験者の方は、ぜひ東京指月会へご参加下さい。


東京指月会への新規登録は コチラ から!









スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 東京指月会ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。